takatokei

心なんて一生不安さ

セッション

第1回目はセッション。

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。

movies.yahoo.co.jp

 大きな目標があるニーマンとフレッチャー。大きな目標ややりたいことがあるとここまで人は狂うことができるのだろうか。狂うというのも悪い意味に聞こえるが、ニーマンはドラマーとしては良い方向に狂っていたのかもしれない。(私生活ではかなり人が変わってしまっていたが。)

 

狂わせた(ドラムに打ち込ませたのは)フレッチャーである。フレッチャー自身も大きな目標(過去のジャズプレイヤーを作り上げる)があった。使命感もあったのかもしれない。

「I’m upset(悔しい)」これを連呼させていたが、悔しいって思って立ち上がるにはやはり、大きな目標が必要なのかと思った。ニーマンは悔しいって思えたから練習しただろう。

フレッチャーはニーマンの告発のせいで首になったのを「I’m upset」と思い復讐に力を入れた。

 

最後のセッションで互いに本来の目標に近づけようとする姿はそれぞれ大きな目標がある子弟だからこそ成り立つのだろう。

とても美しい終わり方だった。

 

久しぶりに映画をみたけど面白かった。